二重整形を受ける前は費用を入念に計算【便利なのがモニターを利用】

サイトメニュー

誰でも受けられる

医者と看護師

全体のバランスを意識する

二重整形は一重の人だけが受けるものだと認識されていることがありますが、実はすでに二重になっていても目の状態に満足できていない場合には折り目の位置を変えたりする施術を受けることができます。この手術はまぶたの状態によって仕上がりが違ってきますが、元々の状態は個人差が大きく、同じ人でも体調によってまぶたの状態が変わるという人も多いでしょう。そういった時には常に満足できる目元に近づけるために二重の幅を広くしたり、左右のまぶたのバランスをとるために整形手術を受けたりすることができます。中には片目だけ一重で、両目のバランスをとるために片側だけに施術を受け、費用を安くするという人もいます。このように二重整形は全てがオーダーメイドの治療になるので、全ての症例において個人差をふまえて治療をしていくことが大切です。施術当日は細かな話をすることができないので、事前のカウンセリングの時に患者側からの希望をしっかりと伝えておくことが重要です。自分の顔を一番知っている野は自分自身なので、どの部分をどう治したいかをわかりやすく説明しましょう。その時には参考になるような画像などを準備していくと医師にイメージが伝わりやすいでしょう。言葉だけでは細かなニュアンスが伝わりにくい治療なので、事前に自分の中でイメージを固めておき、それに近づくことができるような治療を希望するとトラブルが少なくなります。施術内容によっては費用の問題なども出てくるかもしれませんが、そういったことも含めて医師と相談をしましょう。二重整形を受ける時には同時に必要になる施術についても説明を十分に聞いておきましょう。理想の目元に近づけるためには、まぶたに折り目をつけるだけでなく、目元に他の施術を付け加えたほうがよいこともあります。両目のバランスをとろうとした時などは、片側だけを二重にするだけでなく細かな調整をしいた方がバランス良く顔の印象をアップさせることができます。美容整形にはたくさんの施術法があり、特に目元の施術は数が豊富です。よく見ないと変化に気付かないような小さなことでも、目元の印象が違うだけで顔全体の雰囲気が大きく変わります。そのためまぶただけでなく、顔全体をどういった雰囲気にしたいかも伝えておくと、医師から良いアイデアをもらえることがあります。まぶただけを理想に近づけても、他のパーツとのバランスが悪くては意味がないので、全体を見て決めることも大切です。二重整形には埋没法という糸でとめるだけの施術があり、メスを使う切開法よりもナチュラルな仕上がりになります。顔のタイプによって埋没法がちょうど良い時と切開法にしたほうがバランスがよくなる時とがあります。費用だけを比べると埋没法のほうが安価になりますが、それよりも顔全体のイメージを優先して決めることをおすすめします。まぶたの状態によっては埋没法が適さないこともあるので、その時には費用が少し高くなっても切開法を受けることをおすすめします。埋没法は糸をとめる場所が少ないと、糸がとれて元の状態に戻ってしまうこともあり、再度施術を受ける必要がでてきてしまいます。

Copyright© 2018 二重整形を受ける前は費用を入念に計算【便利なのがモニターを利用】 All Rights Reserved.